2014年7月 7日 (月)

止まらない街で

_dsc3155_r


渋谷駅ハチ公口でパチパチしていると

お兄さんに話しかけてもらって、お話しました。

お兄さんは新聞屋さんとのことで、朝は1時からだと言っていました。

以前、深夜の帰り道で新聞屋さんが作業しているところを見て

これから寝るけど、もう1日が始まっている人がいるんだと不思議な感覚に

なったのを思い出しました。

かっきー今風のお兄さんも社会の一員として責任を果たしているんだと思うと

すごく元気づけられたような気がしました。

2014年7月 3日 (木)

AM02:30

_dsc2048_r_3

あたりは深い眠りの中

しめやかに、勇ましく。

夜明けに向けて、大阪に向けてひた走る姿を

山形県で待ちうけましたが、札幌からやってきた尾灯は

とても誇らしげでした。

2014年3月30日 (日)

ポスター的に・・・

Dsc_0125_r

実験的に作ってみました。

こういうポスター的な作品をシリーズ化するのもアリかなあ。

ちなみに、文章は僕のことです。

2014年1月24日 (金)

写真展 「一期一会」

この度、東京都中野区立中央図書館にて写真展を開催します!
はじめての都内での写真展、トークイベントもさせていただきます。
トークショーでは音楽に合わせた鉄道写真のスライドショーも上映します。
鉄道を好きな方にも、そうでない方にも楽しんでいただける展示にしたいと思っています♪

皆さま一人ひとりとお会いできることを楽しみにしております♪
ぜひ、お越しいただけると大変嬉しいです!

・在廊予定
2/10・11・16

2014年1月19日 (日)

レイルロマン

1_r

鉄道は、線路は、日本中のどこへでも繋がっている。

いつも使う駅から、ふるさとの駅へも、大切な人のいるあの街の小さな駅にも。

2本の鉄の塊でしかない道は、僕らの道標になることもある。

繋がっている安心感、未知の場所へ繋がっている期待感、旅が始まる高揚感。

僕らは誰かと出会うために、大切な何かに出会うために旅に出るのかもしれない。

2014年1月17日 (金)

青春

Dsc_0033_2_r

机に向かって勉強するだけが高校生活じゃない。

もちろん勉学は大事だけども、思い出として残るのは

淡い恋だったり、マックでだべったことだったり、

男だけでプリクラ撮ったことだったり、する。

高校卒業してまだ2年しか経っていないけれども、

それ以上に経っているような懐かしさ。

大学生活は早い。高校が新幹線なら、大学はリニアモーターカー。

その早さの中で、当時の僕の背中が重なった。

2014年1月16日 (木)

2014

Dsc_0080_r_2

昨年は大変お世話になり、本当にありがとうございました。

初の写真展も開催でき、大きな一年でした。

今年もより大きな一年になるように、バリバリ撮影していきたいと思います。

皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2013年12月 9日 (月)

光のカーテン

Dsc_0026_r

光がもたらしてくれた光景。

光はあたたかい。

寒くなってきた時期だからこそ、

その温かさを感じました。

出会いは何事も突然かもしれませんね。

2013年12月 5日 (木)

東京の季節

Dsc_0044_r


最近、季節感を感じるものに意識的に触れていなかったような気がふとした、

イチョウの木を見た時に205系が通りすがりました。

もうすぐ埼京線から引退してしまう205系。

このカラーリングで迎える最後の秋。

原宿駅前のイチョウは色づいています。

2013年11月 9日 (土)

ブルトレ

Dsc_0151_r

♪上野発の夜行列車降りたときから~

上野発、青森行き。

1970年の誕生から今日も走り続けるブルートレイン。

いま、ひとつの時代が終わりを告げようとしています。

その姿、東北人として、写真家を志す一人として、

これからもぼくは、ぼくにしか撮れない写真で記録していきます。

«陽だまり列車